初心者でもできる外為オンライントレード方法


  • 為替差益が狙える。
  • 毎日スワップポイントが付く。(例)5万円×レバレッジ25倍=10万ランド→130円/日 130×365日=47,450円/年
  • 24時間取引できるので、株と異なり突然起こるリスクを回避できる。
  • 銘柄が少ない分、あれこれ迷わないので株取引よりも簡単
  • 手数料無料&100%信託保全

FXとは、「Foreign Exchange」の略で、日本語で「外国為替取引」という意味です。外国の通貨を売り買いする取引ですが、為替差益や毎日付くスワップポイント、株と違って24時間取引できるメリットがあります。

ここでは、年間取引量No.1外為オンラインを例にしています。(他のFX業者でも手順は同じです)

以下の4ステップで簡単に売買できます。

STEP1 取引画面へログイン

口座開設後、画面左下にログインIDとパスワードを入れてログインします。

STEP2 通貨選択

入出金は左上の「入出金サービスメニュー」から行います。

入金用口座への振り込みあるいはリアルタイムに反映されるクイック入金が行えます。

入金が済んだら、画面左上にある銘柄ボードから、取引したい通貨ペアをクリックします。なお、入出金ともに手数料無料です。

ここでは、ドル円で買い(ロング)から入ってみます。円を売ってドルを買うことになるので、「ドルの価値が上がれば利益、ドルの価値が下がれば損失」という取引になります。

STEP3 注文方法

画面上に新規注文画面が出てくるので、売買数量を入力し、買い(ロング)なのか売り(ショート)なのかを決めて指定のボタンをクリックします。

その際、売値(bit)と買値(ask)の価格差であるスプレッドというものがあり、例えばこの場合買いと売りの間が1銭空いていますので、スプレッド1銭ということになります。90.39円で約定し、すぐに売ろうとすると90.38円売ることになので、上がるまで待っていないと1銭分損することになります。

スプレッドはFX業者によって異なり(3~4銭が普通)、スプレッドが小さいほど取引には有利ということになります。(この場合は2銭上がって90.40円になれば利益が出ます)

経済指標や要人の発言があった時は変動幅が大きくなり、スプレッドが極端に開きます。FX業者によっては15銭以上も開いてしまうことがありますが、外為オンラインみんなのFXMJはスプレッドが常に1銭固定なので、安心して取引ができます。


レバレッジ(少額資金でも大きな金額の取引が行える投資手法)に関してですが、今回の例の外為オンラインの場合、レバレッジ選択画面はありません。

自分で計算することになりますが、最大レバレッジ以上の注文は出せないようになっているので安心です。

よりハイレバレッジな運用が可能なFX業者の取引画面には、レバレッジ選択ボタンが付いています。

【例えば2万円入金し、米ドルを1万通貨買いたい場合】(ここでは分かりやすく、1$=100円とします)

最低1万通貨の売買なので、1,000,000円必要になります。(100円×10,000$=1,000,000円)

2万円の入金で買いたいとなると、レバレッジ50倍をかけると買えることになります。
20,000×50倍=1,000,000円(1万通貨)

最大200倍のレバレッジをかけると、最大4万通貨まで買えることになります。
20,000×200倍=4,000,000円(4万通貨)

→100円で1万通貨買い、101円で売却すれば+10,000円の利益、逆に99円で損失確定売りをすれば、-10,000円ということになります。 ただし、買いから入った場合は別途スワップポイントが上乗せされます。

→100円で1万通貨売り、99円で買い戻せば+10,000円の利益、逆に101円で損失確定の買い戻しをすれば、-10,000円ということになります。 売りから入った場合は別途マイナス分のスワップポイントが引かれていきます。

レバレッジ50倍で1万通貨買えますが、レバレッジを選ぶボタンはなく、取引ボックスに「1~4」(1万通貨~4万通貨)まで入力できます。1,000,000円入金して1万通貨買えば、レバレッジ1倍ということになります。

「買い」か「売り」のボタンを押すと、購入後の買い付け余力などは出ずにいきなり買い付けます。一応、購入後画面右上に実効レバレッジと口座維持率が出てくるので、買ったあとにレバレッジが分かります。

  

主な注文方法の種類

指値(リミット)…現在のレートより有利なレートを指定して行う注文方法。

逆指値(ストップ)…現在のレートより不利なレートを指定して行う注文方法。

成行注文…実勢レートで注文を成立させたい時に使用します。

IFD(イフダン)…If done orderの略で、新規注文とその注文が成立したら自動的に有効となる決済注文をセットで出す注文する方法。(例:100円で約定後、自動的に101円に決済注文を出す)

OCO(オーシーオー)…One Cancels the Other orderの略で、新規で指値(リミット)注文、または逆指値(ストップ)注文を同時に出し、一方の注文が成立すると、他方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法。(例:現行レート100円の時、99円に出す指値と101円に出す逆指値を同時に出し、99円(片方)で約定後、もう片方の101円の注文は自動的に取り消される)

IFDO(イフダンオーシーオー)…If Done+One Cancels the Other orderの略で、・IFDとOCOを組み合わせた注文方法。。新規で指値(リミット)注文、または逆指値(ストップ)注文を出し、同時に利益確定と損失確定の決済注文を出すことができる。IFDの決済注文としてOCOの方法を用いて利益確定の注文と損失確定の注文を同時に出しておく事が可能。(例:現行レート100円の時、指値99円で約定後、自動的に100円の利益確定注文と99円の損失確定注文を同時に出す。)

STEP4 スワップポイント(スワップポイント)に関して

買い(ロング)から入った場合、日本のような低金利通貨を売って、日本より金利の高い通貨(ほとんどの通貨)を買うことになるので、その金利差からスワップポイントが発生し、毎日金利(利息)が付きます

さらに値動きの良い通貨の場合、スワップポイントをもらいつつ、為替差益も狙うことが可能です。

スワップポイントの例

(例1):2万円×レバレッジ50倍=10万ランド→300円/日 300×365日=109,500円/年
(例2):10万円×レバレッジ50倍=5万豪ドル→310円/日 310×365日=113,150円/年+為替差益(大)

外為オンライン(デイトレ用)・ライブスター証券(スワップ用)と、複数の口座で管理するのがコツ。

(通常の通貨は1万単位ですが、ランドのみ10万通貨単位になります)

逆に売りから入ると高金利通貨を売って低金利通貨を買うことになるため、スワップポイントを毎日支払うことにまります。

このことから売り(ショート)は不利な気がしますが、急激な変動のときのリスクヘッジとして役に立ちます。豪ドルや南アフリカランドなどの高金利通貨をロング、ドル円をショートポジションしておくと、急激な円高の際にリスクヘッジされます。

ポジションのスワップポイントは取引画面真ん中のポジション一覧に出てきます。

スワップポイント業界NO1ライブスター証券の場合】

スワップポイントは、毎朝(夏は6時、冬は7時)にポジションを持ち越すこと( ロールオーバー)でスワップポイントが付きます。

FX業者によっては、ロールオーバー前後に数分程度取引停止状態になります。付いたスワップポイントは自動的に買い付け余力に入るので、そのまま出金することができます。

外為オンラインですと、入出金の手数料が無料です。ということは、毎朝お小遣いを出金できるということになります。(笑)

FX業者によって、土日祝日分(休日分)のスワップは月・水・木曜日の朝に付与されます。この時に数日分のまとまったスワップが入るので、入ったら即売却という手もあります。(6or7時前に購入、スワップ付与後即売却)

この時間帯は若干変動が大きいので、スワップ狙いで値段が跳ね上がったところをショートするやり方もあります。(FXに関する情報商材の一部はこの手法を用いています。>>ロールオーバー攻略法はこちら

※夏時間:2010/3/14~11/6 冬時間:2009/11/1~2010/03/13 (米国のサマータイムのこと)
スワップポイントのイメージ

★無料メールマガジン 読者1万人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


【オールインワン&スプレッド極狭!】
FXやバイナリ、株など全て取引可能!


【一致率98%!?】★ぱっと見テクニカル
ぱっと見テクニカル参考法はこちら
口座開設後、翌月末までの取引で3,000円キャッシュバック!

みんなのFX
【注目!】みんなのバイナリ―
バイナリ―オプション取引について

IG証券
【おすすめ!】FXとバイナリ―
紹介記事


【大人気!】100円からできるFX
BuySellポイント活用法はこちら


【最大50万円分!】
ネットマイルギフトキャンペーン実施中



本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
他にこんな記事も読まれています

PAGE TOP↑