ボリンジャーバンド(Bollinger band)


ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、1980年頃にジョン・A・ボリンジャーが考案したトレンド系のテクニカル指標です。

移動平均線に統計学の理論を加えたもので、ある期間の値動きの平均値から現在の為替レートがどれぐらい乖離しているか、散らばっているかを中心から上下それぞれに1本から3本程度の線によるバンドが示しています。

このバンドは、中心線を挟んだ上下2本の線が中心線から同じ距離で対になっており、上の方を「アッパーバンド」下の方を「ロワーバンド」と呼び、内側のバンドから順に±1σ、±2σ、±3σと表記されます。

σは「シグマ」と読み、標準偏差のことで、±1σは第1標準偏差、±2σは第2標準偏差、±3σは第3標準偏差となります。

ボリンジャーバンドの使い方

仮に、為替レートが統計学的に正規分布しているとした場合、±1σのバンドの中に収まる確率は約68.3%、±2σのバンドの中に収まる確率は約95.4%と言われています。

つまり、為替レートがボリンジャーバンドの±2σ近辺にあるというのは、確率論で言うと出現率が5%程度しかない非常に珍しいケースなので、自然と中心の方へ引き戻される可能性が高いことになります

ボリンジャーバンド 確率
±1σの範囲内に収まる確率 68.27%
±2σの範囲内に収まる確率 95.45%
±3σの範囲内に収まる確率 99.73%

ボリンジャーバンドは、もみ合い相場で収縮していたバンド(スクイーズ)が、強い動きでトレンド発生するとともに広がっていき(エクスパンション)トレンド方向に傾いたまま推移する(バンドウォーク)という特徴があります。

この特徴を利用すれば、バンドが収縮しているときはもみ合い相場なので様子見、バンドが開いてきたらトレンド発生に付いて行く、という使い方ができます。

実際の売買では、「価格が-2σに達したら買い、+2σに達した売り」という逆張りでよく使われますが、開発者のジョン・A・ボリンジャーは順張りで使うことを薦めていました

どう使うかは、他のテクニカル分析と組み合わせて決めるとよいでしょう。


名称 ボリンジャーバンドの状態と特徴
スクイーズ バンドの幅が狭まった状態で様子見の期間。英語で「搾る」の意味。
エクスパンション バンドが上下に大きく広がった期間で、上昇または下降トレンドが発生している状態。英語で「拡張」の意味。
バンドウォーク ±2σのバンドに沿って移動している状態で、順張りが無難。

ボリンジャーバンド

このエントリーをはてなブックマークに追加
他にこんな記事も読まれています
★無料メールマガジン 読者15,000人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑