リスクオンとリスクオフ

マーケットの雰囲気を表す金融用語

毎日変動しているマーケットですが、テクニカル的な要因やファンダメンタルズのほかに、その雰囲気で方向性が決まることがあります。

マーケットニュースでは、「リスクオンムードで円安株高になりました」とか、「リスクオフでリスク回避の動き、株が売られ円や債券、金が買われています」といった表現がされます。

元々は、地合いが良い、あるいは地合いが悪いと言っていたのですが、2008年のリーマン・ショック以降、金融用語として浸透してきました。

市場が様々な要因で動いているなか、投資家の心理で形成されている側面も大きく、〇〇ショックや〇〇危機といったなど相場が大変動する時期を経たことで、その影響力はさらに増してきています。

リスクオンとリスクオフ

リスクオンとリスクオフ

言葉の説明になりますが、リスクオン(Risk on)とは、経済や企業の成長期待が高まったり、株式や新興国通貨など値動きの大きいリスク資産を買う動きのことを言います。

反対に、リスクオフ(Risk off)は、経済成長や企業業績へ先行き不安が高まったり、地政学的リスクが勃発した時などに、株式や新興国通貨など値動きの大きいリスク資産を手放して、比較的安全性の高い債券や金などに資金を振り分ける状態を言います。

リスクがオンなのに良い状態、リスクがオフなのに悪い状態を示すなどややこしいですが、言い方を変えると「リスクオンはリスクを取りに(オン)行く」、「リスクオフはリスクを回避(オフ)する」と表現できます。

マーケットの値動きでは、リスクオンは円安株高で原油が買われ、金と債券が売られて金利は上昇リスクオフは円高株安で原油が売られ、金と債券が買われて金利が低下、という傾向になります。

全体的な特徴として、リスクオンはじり高で長く続く傾向が強くリスクオフは地政学的リスクなどで急速に下落する動きが見られます。

リスクオンは円安株高、リスクオフは円高株安
  リスクオン リスクオフ
ドル円 上昇 下落
株式 上昇 下落
原油 上昇 下落
下落 上昇
債券 下落 上昇
利回り 上昇 低下
景気 良い 悪い

FXのリスクオンとリスクオフ

これを、FXで見てみましょう。

FXでは様々な通貨が取引できますが、それぞれ値動きやスワップポイントに違いがあるので、動きが明確に異なります。

通貨別に示すと、リスクオンは ハイリスクハイリターンの新興国通貨や高金利通貨、資源国通貨に資金が流れリスクオフの時はローリスクローリターンの通貨に資金が流れる状態になります。

新興国通貨とは、南アフリカランドやトルコリラなど金利を高くして資金を集めている国の通貨、高金利通貨や資源国通貨は豪ドルやNZドルなどオセアニア通貨です。

リスクオンの時、これらの通貨は金利目当てに上昇、まとまった買いが入ったり、下がっても買戻しが入りやすいためじり高傾向となります。

リスクオフで買われるローリスクローリターンの通貨は、円とスイスフラン

また、有事のドル買いでドルストレートは対ドルで下落、ドル円の場合は円買いの方が圧倒的に優勢となるため円高になります。

通貨別リスクオン・リスクオフ

通貨 種類 特徴
新興国通貨 南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソなど リスクオンはじり高、リスクオフで急落
高金利通貨・
資源国通貨
オセアニア通貨、カナダドル リスクオンで上昇、リスクオフで下落
安全通貨 円・スイスフラン・ドル リスクオンは売られ、リスクオフで買われる

リスクオンとリスクオフのまとめ

リスクオンとリスクオフのまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
他にこんな記事も読まれています
★無料メールマガジン 読者15,000人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑