MT4の応用


インジケータを使う

MT4

MT4には様々なインジケーターが組み込まれており、簡単にテクニカル分析を表示することができます。

テクニカル分析は、メニューバーと画面左の「ナビゲーターパネル」のどちらからでも表示できますが、今回は視覚的に分かりやすい「ナビゲーターパネル」から表示してみます。

まず、ナビゲーターパネルの中にある「インディケータ」の「+」をクリックし展開、さらに「トレンド」の「+」もクリックして展開します。

分析ツールの一覧が表示されるので、表示したいテクニカルをダブルクリックします。

ここでは、ボリンジャーバンド(Bolinger Bands)を表示してみます。

ダブルクリックすると、期間や色変更などが行えるパラメーターダイアログボックスが表示されます。

任意に設定を変更した後「OK」をクリックすれば、チャート上にテクニカル分析が表示されます。

ボリンジャーバンドの表示


次に、インディケータのオシレーターを展開し、MACDを表示してみましょう。

こちらは、チャート下のサブウィンドウに表示されました。

このように、テクニカルの種類によっては、サブウィンドウに表示されるものもあります

また、インディケータ項目では平均足やZigZagといったテクニカルも表示できます。

MACDの表示

インジケータをダウンロードする

MT4でFXMT4では、あらかじめ搭載されているテクニカル分析のほかにも、世界中で配布されているテクニカル分析をダウンロードして、自分のMT4に組み込むことができます。

そのファイルは、拡張子が「.mq4」や「.ex4」になっていて、」インジケーター」と呼ばれています。

拡張子「.mq4」はソースファイルで、MT4で実行可能な形式に変換(コンパイル)したものが「.ex4」になります。

「.mq4」のファイルは、ソースコード(プログラムの記述部分)を見ることができるのでどのようなロジックで動いているのかか分かるのですが、コンパイル後の「.ex4」だけですとMT4が読めても人間は読めません。

インジケータの作者が、ソースコ-ドを秘密にしたい時や改ざんを防ぐ時は、「.ex4」ファイルのみが公開されています。

ここでは、試しに売買サインを矢印で知らせてくれる「super-signals_v2」というインジケーターをダウンロードしてみましょう。

「super-signals_v2」」は、メインチャート上に売買シグナルを矢印で表示してくれるので、初心者でも簡単に使うことができます。

インジケーターは、インターネットで「MT4 インジケーター名」や「インジケーター名 mq4」などで検索すれば見つけることができるのですが、ここではインジケータ集サイト「MT4でFX」へアクセスしダウンロードしてみます。

MT4でFXへアクセスしたら、トップページの「MT4インディケーターを名前順から探す」をクリック、インデックスの「S」をクリックして「super-signals_v2.mq4」を選びダウンロードします。

インジケータを設定する

MT4のデータフォルダを開くインジケーターをダウンロードしたら、MT4の中に組み込みます。

MT4の上部にある「ファイル」メニューから、「データフォルダ」を開くを選択します。

MT4のフォルダが開くので、「MQL4」の「Indicators」フォルダへ、先ほどダウンロードした「super-signals_v2.mq4」をコピーします。

起動しているMT4をいったん終了して再度立ち上げると、ナビゲーターパネルの中にsuper-signals_v2が出てきます。

super-signals_v2を利用したいチャートを開きダブルクリックすれば、メインチャートにsuper-signals_v2の売買シグナルの矢印が、「緑は買い」、「赤は売り」で表示されます。

このまま売買サイン通りにトレードするだけでも十分使えるのですが、単独で利用するとどんなテクニカル分析でもダマシは発生してしまうため、より精度を高めるために「MT4の基本」で表示したボリンジャーバンドとMACDも併せて判断材料にするなど工夫してみてください。

super-signals_v2

MT4による自動売買

自動売買の準備

エキスパートアドバイザまず、FXトレード・フィナンシャルなどMT4と連携できるFX業者の口座を開設してください。

そして、そのFX業者の提供しているMT4を立ち上げログインします。

ナビゲーターウィンドウの「エキスパートアドバイザ」を展開して、利用したい自動売買プログラムをダブルクリックかチャートまでドラッグ&ドロップします。

MT4には、初期で「MACD Sample」と「Moving Average」というEA(自動売買プログラム)が入っているので、デモトレードで試してみても良いでしょう。

FX自動売買の設定画面が表示されるので、「全般」タブ左下の「自動売買を許可する」にチェックを入れて「OK」を押します。

ここのチェックを入れ忘れると、自動売買が行われないので注意してください。

また、「パラメーターの入力」タブでは、自動売買プログラムのパラメーター変更が行えます。

自動売買を許可する


自動売買の実行

自動売買のニコニコマークFX自動売買の設定が完了したら、MT4画面上部中央の「自動売買」ボタンを押します。

チャート右上に「ニコニコマーク」が出れば、EAが実行されています。

「ニコニコマーク」ではないマークの場合は、EAが実行されていません。

先程の「自動売買を許可する」にチェックが入っているか、画面上部中央の「自動売買」ボタンが押されているかなどを確認しておきましょう。

また、販売されているEAを購入した場合、事前に申請してロックを解除してもらわないと稼働しないものもあるので、注意してください。

リモートデスクトップを使う

「自動売買」ボタンを押すことで稼働する自動売買ですが、ミラートレーダーと異なりパソコンの電源を付けっぱなしにしておく必要があります。

つまり、MT4を常に起動していなければならないのです。

ですから、EAがポジションを持っている時に突然停電となったり、パソコンやネットワークに不具合が起きた時などは、決済注文が行われません。

そこで、突然のトラブルが心配な場合は「リモートデスクトップサービス」を利用すると安心です。

リモートデスクトップサービスとは、サービス業者のサーバー上に自分のデスクトップを作ってもらい、自分専用のデスクトップ環境をリモート操作できるサービスです。

そこにMT4とEAをセッティングすることで、24時間MT4を起動しっぱなしにできます

サービス業者上のパソコンでMT4を動かすので、自分のパソコンの電源は切っておいても大丈夫なのです。

このリモートデスクトップサービスは、比較的料金が安いGMOインターネットのお名前.com Windowsデスクトップなどで利用することができます。

MT4で本格的に自動売買をする場合はこれらのサービスを利用することをお勧めします。

MT4解説動画

【2分でできる】MT4の入れ方

【MT4入門】世界一わかる!MT4入門ガイド

【MT4入門】売買シグナルを表示!

【MT4入門】MT4でのトレード方法

★無料メールマガジン 読者15,000人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑