金とドル、ユーロの値動き

金とドル、ユーロの値動き

ドルと金の値動き

世界の基軸通貨であるドルは、有事のドルとして買われることもあるのですが、仮にアメリカ政府が破産してしまったら単なる紙切れになってしまいます

また、2001年9月11日にアメリカで起きた同時多発テロ以降、むしろ有事のドル売りとなる場面も出てきました。

そんな中、リスク回避の動きが出た時に注目を浴びるのが、「金(Gold)」です。

金は、現物資産なので消えてしまうことはありませんし、生産量が限られるため希少性もあります。

大きな事件や戦争、テロなど地政学的リスクが高まると金は買われ、治まると売られます。

また、金の取引はドル建てが世界標準になっているので、ドルが弱いと金が強く、ドルが強いと金が弱いという逆相関が必然的に生まれます。

一方、金は持っていても金利(利息)が付かないので、米利回りが上昇した場合、金利の付かない金を売ってドルを買う動きが加速します。

金とドル円のチャートを並べてみると分かるように、金とドルは逆相関性が強いので、ドルのトレンドを見極めるために金の動きが役立つのです。

金とドル円の日足1年分を並べたチャート

金は、需要と供給や季節的な変動、生産コスト価格などがあるため、ドルとは若干事情が異なる場面も出てくるのですが、チャートを重ねてみてもだいたい逆の動きをしていることが見て取れます。

金とドルは逆相関

金とドルの相関係数は、-0.30~-0.50

-1が真逆の動き、0に近いと関連性はないと判断できるので、「だいたい反対に動く」といった感じです。

為替レートを見ていると、ドル円がプラスの時ユーロドルはマイナスで、ドル円がマイナスの時はユーロドルがプラスと逆相関になっていることがありますが、ドル円とユーロドルの相関係数が-0.20前後なので、ユーロドルを見るよりは金と比較した方が参考になると思われます。

それほど神経質になる必要はありませんが、中・長期のトレンドやマーケットの方向性を把握するには重要ですから、定期的にチェックした方が良いでしょう。

金とドル円の相関係数

金とユーロはやや正の相関

一方、金とユーロドルの相関係数は0.3~0.5と正の相関になっていて、同じ動きをする場面が見られます。

むしろ、どちらかが先に動いて残った方が後から追っていく、というパターンが多いです。

例えば、金が上昇すればそれを見てユーロに買いが入り、ユーロが売られると金も次第に売りに押されるなど、金とドルの関係とは対照的な動きを見せます。

そのため、ユーロドルやユーロ円など、ユーロ絡みの通貨ペアをトレードする時も、金の値動きを見れば役立つでしょう。

ただ、どちらかというと短期的な連動の方が多く、長期で比べると異なる動きをする場面も多々見られます。

金とユーロドルの日足1年分を並べたチャート

こちらは、1か月分の日足を並べたものですが、短期間であれば似たような動きをすることが確認できます。

金とユーロドルの日足1か月分を並べたチャート

相関係数は、計測する期間によって数値が多少前後するので、設定期間を変えて定期的にチェックしてみてください。

金とユーロドルの相関係数

金チャートの表示

金のチャートは、当サイトの原油・金リアルタイムチャートで確認できるほか、DMM.com証券GMOクリック証券で見ることができます。

当サイトの金リアルタイムチャート

金リアルタイムチャート

DMM.com証券のCFD金チャート

DMM.com証券 金チャート

GMOクリック証券 CFD金チャート(ログイン後)

GMOクリック証券 口座ログイン後の金チャート

このエントリーをはてなブックマークに追加
他にこんな記事も読まれています
★無料メールマガジン 読者15,000人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑