ファンダメンタルズ分析の活用方法

事前にトレンドを確認しておく

ファンダメンタルズについては、ファンダメンタルズ分析のページで述べましたが、今回はその活用方法になります。

まずは、基本的なこととして、結果が良いか悪いかよりも予想値との乖離が材料になることや、それによる サプライズの発生などを意識しておいてください。

それで、ファンダメンタルズ分析の活用の仕方ですが、あらかじめトレンドを確認したあとに経済指標の結果を利用する、という方法になります。

よく、「経済指標の結果が予想を上回ったのに通貨が下落」したり、あるいはその逆で「経済指標の結果が悪かったのに通貨が上昇した」という場面に出くわすことがあります。

そのような経験をしてしまうと、「こんな意味の分からないFXなんか勝てないから、やめてしまえ」と思ってしまうかもしれません。

しかし、そのように逆の動きをするには理由があります。

どういうことかと言うと、上昇トレンド中だと経済指標の内容が悪くても下がりづらく、下降トレンド中だと経済指標の内容が良くても上がりづらい、という傾向があるのです。

つまり、経済指標は基本的には予想値との乖離を見て売買材料にするのですが、その前段階としてもともとのトレンドを確認しておく必要があるのです。

結果が出る前に、すでにある程度方向性は決まっている

経済指標発表後の動きの特徴

まとめると、下記のようになります。

上昇トレンド中は、経済指標結果が良いとその通貨が買われ、悪くても下げが限定的だったりいったん下がったあと買戻しが入ります

下降トレンド中は、経済指標結果が悪いとその通貨が売られ、良くても上げが限定的だったりいったん上がったあと戻り売りに押されます

そして、上昇トレンド中で経済指標結果が良かったのに「織り込み済み」とされて通貨が買われなかったり、下降トレンド中で経済指標が悪かったのに「悪材料出尽くし」とされ通貨が売られなかった場合は、今後トレンドが反転したりいったんそのトレンドが調整となる可能性もあると判断します。

理由は後付けでニュースに流れる

米雇用統計時の例

例えば、米雇用統計時の例を見てみましょう。

この時発表された米2月非農業部門雇用者数は、予想18.0万人に対し結果2.0万人と大幅に下回っていました

かなりインパクトのあるネガティブサプライズを受け、ドル円はドル円は111.15円から110.80円まで急落しました。

しかし、その後は行って来いで元の位置に戻り、むしろ若干発表前を上回っています

米雇用統計時のドル円5分足

なぜかと言えば、この時期のドル円は安値からの反発中で、もともと上昇トレンドだったことと、 単月の結果ではなく翌月以降を確認したいとの思惑が、反発を誘ったからです。

これが、下降トレンド中であれば大暴落なのですが、マーケットは上昇トレンドでリスクオンムードだったので冷静さを保った結果となりました。

とはいえ、この原理を知らなくても、毎回米雇用統計を見ているトレーダーであれば、初動で-30銭ほどしか下げていないのを見てショートするのはためらうはずですし、仮に地合いが悪ければ-1円下げもありうる内容だったと思います。

このように、事前にトレンドをチェックしておくことで、たとえトレンドに逆行する結果が出てしまっても、ひとまず買戻し(あるいは戻り売り)の動きが出るので、焦ってトレードする必要はないのです。

NY市場は、30分くらい時間差で動くことも多いです

ドル円日足チャート

あらかじめエントリー方向を決めておく

ここまでの理論をどうトレードに活かすかですが、具体手には上昇トレンドでは買いからしか入らず、下降トレンドでは売りからしか入らない、という使い方をします。

つまり、上昇トレンド中は経済指標が予想を上回った時に買いエントリー下回った時は様子見か押し目買い下降トレンド中は経済指標が予想を下回った時に売りエントリー上回った時は様子見か戻り売り、ということになります。

もちろん、結果とは逆に動くこともあるのですが、トレンドに沿ったエントリー方向だと戻りが発生するのでダメージが少なくなります

また、経済指標発表後に一度行って来いとなることもあるので、トレンドに沿っているのであれば、発表されて少し時間が空いてからエントリーしても間に合うこともよくあります。

特に米経済指標発表で多いのですが、発表された直後はほとんど動いていなかったのに、30分くらいすると突然まとまった注文が入り始め、それでようやくFX関連ニュースに「経済指標を好感した買いが入った」などとニュースが流れます

経済指標が発表される前から注目しているトレーダーであれば、「いまさら何を言っているんだ」と思うかもしれませんが、そんな感じであまり急いでエントリーしなくてもよいことが意外にあります

むしろ、焦ってしまうとタイミングを間違えてしまったり、スプレッドの開いているとき約定してしまうので、結果が出たあと冷静になって、株や商品など外部環境も動きも考慮して、エントリーするか決めると良いでしょう。

なお、これは要人発言も同じで、こちらもいったん前戻しになったりするので、落ち着いて対処してみてください。

要人発言は、いったん全戻しが多い
他にこんな記事も読まれています


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑