エリオット波動はインチキ

エリオット波動はインチキ

チャート上にエリオット波動を見つけた!?

相場にはいわゆる波動パターンがあり、上昇5波(推進5波)と下降3波(修正3波)で構成されている、というのがエリオット波動のキモの部分です。

細かく見ると1~5波とa~c波、フィボナッチ数列を取り入れたサイクル理論などがあるのですが、簡単に言うと3段上げの2段下落といった認識でよいでしょう。

言われてみれば、第2波の下落は第1波の上昇を完全に打ち消すようなことはないですし、上昇5波に関する下記のような特徴も見られます。

【上昇5波の特徴】

第1波=小動きだが、次第に方向性が出てくる
第2波=第1波の大半を打ち消す反対方向の動き
第3波=強く長い動きで第1波を上回る
第4波=複雑な動きで高値持ち合いに近い
第5波=スピードと勢いをもったバブル的な急騰

下のチャートを見てください。

上昇5波と下降3波のエリオット波動が、明確に表れています。

NYダウとドル円の日足1年分を並べたチャート

「素晴らしい!これでマーケットのパターンが掴めたぞ」とあなたは思うかもしれません。

でも、ちょっと待ってください

実は、このチャートをキャプチャするまで、時間足を変更したり日付を変えたりして15分くらいかかっています

なぜなら、実際には上昇5波と下降3波のセットはあまり見られず、見栄えの良いチャートを探すとなるとけっこう大変だからです。

みなさんも、試しに一度上昇5波と下降3波のチャートを探してみてください。

他人に説明すると想定してチャートを探してみると、おそらくかなり時間がかかると思います。

エリオット波動のチャートを探す方が大変(汗)

全く理論になっておらず、役に立たない

エリオット波動は上昇5波と下降3波が売りなのに、そのチャートが見つからない…それって、全然理論になってないですよね(汗)

なぜこのようなことになってしまうかと言うと、「相場は、上昇5波と下降3波になっているときもあれば、なっていないときもある」ということだからです。

波の上下を見て判断するなら、上昇5波と下降3波以外にも、上昇4波と下降2波とか上昇7波と下降4波とか探せばありますし、それだと何でもありの理論になります。

そもそもエリオット波動は、その理論が出た当初は注目されず(当たり前ですよね)、数十年たってから「こんなのがあった!」と発掘された代物なので、話にならないです。

実際には、エリオット波動のようなきれいな波はほとんど見られず、下記のように下降9波&推進波のダマシや、名前のないチャートが多く見られます。

しかも、下のチャートは上記エリオット波動のチャートを探している最中に見つけたもので、皮肉にもエリオット波動よりも豊富に存在しトレーダーを悩ませているパターンと思われます。

どんな波でも、こじつけでエリオット波動にしている

下降9波&推進波のダマシ

名前のないチャート

エリオット波動について

エリオット波動とは、もともとは会計士だった株式アナリストのラルフ・ネルソン・エリオット(1871年~1947年)が提唱した理論です。

「相場にはサイクルがあり、値動きには一定のリズムがある」とし、大波動の波「サイクル」のなかに、「プライマリー」と呼ばれる上昇5波があったり、その細部にもまた「インターミディエート」という小波動があったりすると述べました。

エリオット波動のもっとも長いものは「ミレニアムサイクル」(千年周期)と呼ばれ、次に数十年から100年前後の「グランド・スーパー・サイクル」、小さいものだと「サブミニュエット」と呼ばれる数時間周期の小波動まで、9つの波に分類されています。

【波動の規模】

ミレニアムサイクル・・・1000年
グランドスーパーサイクル・・・100年
スーパーサイクル・・・50年
サイクル・・・10年
プライマリー・・・3~5年
インターミディエット・・・30週~50週
マイナー・・・10週
ミニュット・・・3~5週
ミニュエット・・・数十時間
サブミニュエット・・・数時間

また、各パターンはフィボナッチ数列と深い関係があるとし、自然界の減少に数多く存在するフィボナッチの法則が、市場参加者の心理にも如実に表されているとしたことも特徴です。

著書に『波動原理』と『自然の法則 宇宙の神秘』があり、当初は広く認められてはいませんでしたが、彼の死後に投資家のA.ハミルトン・ボルトン氏やロバート・プレクター氏が書籍などで広く普及たことで、ようやく認知されるようになりました。

とはいえ、理論として断言するには大げさすぎ、占いや余興程度に利用すればよく、本を買ってわざわざ勉強する価値はないと思われます。

エリオット波動のインチキをFXで勝つコツとして活かすなら、「チャートは上下の波で動くが、パターンは存在しない」といったところでしょう。

そもそも、マーケットには「波動」という概念自体存在しない

【投票】FXトレンド予想

他にこんな記事も読まれています
★無料メールマガジン 読者15,000人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑