FXと相関係数

相関係数とは

「ドル円はけっこう上がってるのに、逆にユーロ円の方は下がってる・・・」、「ポンド円の動きがやけに激しすぎな」というように、相場のトレンドが一方向でも通貨ペアによって動きの異なることがあります。

トレードしていると感覚でしか分からないのですが、このょうな通貨ごとの方向性を数値で表すことができます。

それを「相関係数」と言い、ある通貨と別のある通貨の動きの同期率が数値になっています

例えば、ドルが上がるとユーロが上がりづらくなることがありますが、それがどの程度なのか、数値で表すことができるのです。

相関係数とは、2つのデータ列の間の相関(類似性の度合い)を示す統計学的指標で、-1から1の間の実数値を取ります。

相関係数が、1に近いときは2つのデータ列には正の相関(同じ動き)があり、-1に近ければ負の相関(逆の動き)、そして0に近いときは元のデータとの相関は弱い(関連性がない)ということを表します。

相関係数を見ることで、戦略の幅が一気に増えます

相関係数のイメージ

クロス円の相関係数

相関係数は、計算元となる期間や地合いによってかなり数値が変わるのですが、傾向としては下記解説のようになることが多いです。

通貨ペア USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY NZD/JPY CHF/JPY ZAR/JPY
USD/JPY
1.00
0.92
0.95
0.90
0.95
0.92
0.92
0.93
EUR/JPY  
1.00
0.98
0.99
0.98
0.98
0.99
0.97
GBP/JPY    
1.00
0.97
0.98
0.98
0.97
0.96
AUD/JPY      
1.00
0.97
0.98
0.98
0.97
CAD/JPY        
1.00
0.98
0.97
0.98
NZD/JPY          
1.00
0.98
0.96
CHF/JPY            
1.00
0.96
ZAR/JPY              
1.00

0.7~1.0・・・・・強い相関がある(相関関係)
0.2~0.7・・・・・やや相関がある
-0.2~0.2・・・・ほとんど相関なし(無相関)
-0.7~-0.2・・・やや逆相関がある
-1.0~-0.7・・・強い逆相関がある(逆相関)

上の表の、ドル円の行を見てください。

数値を確認すると、0.90~1.00までの数値が入っていて、ドル円とポンド円、カナダドル円は相関係数0.95と1.00に近く、連動性が高いことが分かります。

逆に言えば、ドル円とユーロ円(0.92)、豪ドル円(0.90)、NZドル円(0.92)、スイスフラン円(0.92)の組み合わせは相関関係がある程度弱いことが示されています。

普段から、「ドル円とユーロ円はちょっと違う動きをするな」とか「リスク回避でスイスフランが買われているのかな?」という場面を見かけることがあると思いますが、数値を比較すればユーロやスイスフランより豪ドルとの相関関係の方がさらに弱いことが分かります。

豪ドル円の動きについては、ドルストレートの豪ドルドルが関わってくる(相関係数がマイナス)ので、ドル円と逆の動きになりやすく、ドル円が下がっても豪ドル円が上がることがあります(またはその逆)。

そうすると、もし分散投資するのであれば、ドル円と豪ドルにポジションを分ければ良いように見えます。

確かに、ボックス圏や緩やかな変動時には十分なリスクヘッジになるのですが、実際には急激な変動の際にはすべての通貨が円に対して弱くなってしまうので、一年に1~3度ある急激な円高に耐えられません

つまり、ドル円とクロス円で分散投資してもほとんど意味がないのです。

ドル円が上がればクロス円も上がり、ドル円が下がればクロス円も下がる傾向が強い

ドルストレートの相関係数

ではどうすればよいかと言えば、「もっと相関関係が弱い通貨ペア=相関関係が-1に近い通貨ペア」を探せば良いのです。

逆の動きをする通貨同士を組み合わせ投資を行えばリスクヘッジになり、一方的に損が膨らむリスクを回避でき、それでいてスワップポイントも安心してもらい続けることができるからです。

この逆相関関係のある通貨ペアを保有し続ける方法を利用した通貨取引は、統計学や金融工学を基にヘッジファンドでも実際に使われている投資手法です。

値動きが似ている通貨ペアが相関関係、逆に反対の値動きをするのが逆相関関係の通貨ペアなので、一方が下がってももう一方が上がってリスクが分散され、リスクヘッジになります

この逆相関を最も組みやすいのが、ドル円とドルストレート、あるいはドルストレート同士の組み合わせで、スイスフランがリスクヘッジとなることが多いです。

ドルストレートは単位がpipsで表されているので、最初は手掛けづらいと思うのですが、結局ドル円の銭の考え方とそれほど変わらないです。

頭で考えるよりも、デモトレードや最小単位で試しにポジションを持ってみると、それが分かるはずです。

FXに慣れてきたら、ドルストレートにチャレンジ!
通貨ペア USD/JPY EUR/USD EUR/GBP USD/CHF
USD/JPY
1.00
0.74
-0.47
-0.58
EUR/USD  
1.00
-0.46
-0.94
EUR/GBP    
1.00
-0.82
USD/CHF      
1.00

逆相関の例

<ドル円(USD/JPY)とユーロドル(EUR/USD)=相関係数0.74>
ドル円とクロス円の組み合わせよりは良い。
ただ、正の相関なのでリスクヘッジには物足りない

<ユーロドル(EUR/USD)とドルスイス(USD/CHF)=相関係数-0.94>
-1に近いので、リスクヘッジになっていることがわかる。

<ユーロポンド(EUR/GBP)とドルスイス(USD/CHF)=相関係数-0.82>
ユーロドルとドルスイスほどではないが、十分リスクヘッジになっている。
この水準の組み合わせは他にもあり、探してみると意外な発見もあって面白い。

いずれの場合も、為替変動をリスクヘッジしつつ、プラススワップの付く組み合わせで、特にドルスイス(USD/CHF)は様々な通貨でのリスクヘッジになりそうです。


【強い逆相関関係にあるEUR/USDとUSD/CHFのチャート比較】




相関関係をチェックしてみよう

上記で紹介した、FX通貨ペア別の相関係数は、松井証券のFX通貨ペア別相関係数で手軽にチェックできます。

今回は、通貨に関する相関係数に注目しましたが、ほかにも株式市場や商品相場との比較もできますし、そうすることでトレードの範囲も広がります。

通貨や株式、商品市場など幅広く相関係数を比較したい場合は、サヤトレ相関係数一覧表を利用してみるとよいでしょう。

なお、相関係数を利用したFXで勝つためのコツとして、ドル円とNYダウを使った応用編金とドル、ユーロの値動き原油と資源国通貨10時30分からの中国株のページを作成してあるので、参考にしてみてください。

松井証券のFX通貨ペア別相関係数

松井証券のFX通貨ペア別相関係数

サヤトレ相関係数一覧表

サヤトレ相関係数一覧表

【投票】FXトレンド予想

他にこんな記事も読まれています
★無料メールマガジン 読者15,000人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑